日々是好日

〜奢らず、人と比べず、面白がって生きる〜

抜針、レントゲン。さて、骨はついたのか?

抜針手術から、1週間。今日は、抜糸とレントゲンです。

術前のレントゲンでは、埋め込んだ金属がハレーションを起こして、化骨は確認できなかったものの、一応、「骨癒合が見られる」との所見。

やはり、折角、4か月間、金属針を埋め込んだのだから、成果が欲しいです。

では、レントゲン。

f:id:p-in:20200705013025j:plainf:id:p-in:20200705013147j:plain

あれ? ついてない!

なかなかむずかしいなぁと、落胆しつつも、努めて機嫌良く。

私「前よりは、ちょっと近づきましたかね」

先生「そうやね」

私「これで一応化骨でつながって、また離れていくことはないでしょうか?」

先生「一応、ここ、つながってるね」

私「そうですね。ここ、つながってますかね」

確かに、一箇所、もやもやでつながっているようにも見える。

先生「ここ、何か、保護するやつ、つくろか」

私「あ、お願いします」

看護士さんが、金属の装具を持ってきてくれる。

はめてみて、サイズを調節。

先生「案外太いね」

私「すみません」(こういうときすぐ謝ります)

先生は、リハビリの仕方を説明してくれる。

私「第1関節も、力を入れてまげていいんでしょうか?」

先生「関節を持ってやってね。そしたら大丈夫だから。持たずに、曲げようとするだけでもいいかな」

やっぱり、まだあまりついていないんだ。患者の心はガラスのハート。

次はまた1か月後のレントゲンです。

何となく、落ち込みつつ、帰宅してスマホで撮らせてもらったレントゲンを拡大してみると、あれ? ここついてるね。

f:id:p-in:20200705015719j:plain

診察室では、老眼鏡もかけていなかったし、細かいところはよく見えなかったのですが、拡大してみると、確かに1箇所化骨でつながった様子。

先生の話では、一箇所つながるとそこから次第に
骨がつながり出すということだったので、これは良い兆候だ、と急に明るい気分に。

まだ、緒に就いたばかりだけど、この化骨の発生のために
4か月間、金属針で骨を固定していたのですね。

先生は、治り始めた骨を傷つけないように、プロテクターを
つくってくれたんだなと、やっと気が付きました。

だったら「いや〜、骨がつき始めているね」でも良かったような
気もいたしますが、先生は、これからが大事、と
むしろ慎重になられたのだと思います。

感じとしては、少なくとも後半年はかかりそうですが、
先生を信じて頑張ろう、とあらためて思った次第です。

f:id:p-in:20200705023835j:plainf:id:p-in:20200705023944j:plain

恐る恐る、左手小指に力を入れてみる。

実は、左手小指の爪が、剥がれて新しい爪に生え替わっているので、何ともそれが頼りない感じです。

爪があるから、指の先に力を入れられるんだと、初めて知りました。

 

日帰り手術、無事終了

「今日は針抜くだけから、そう緊張せんと」

手術台の上で、硬くなっている私に、主治医が軽く笑いかける。

いつも通りだが、人を緊張させない良い先生だ。

簡単な手術だが、手術室なので、設備が物々しい。仰向けに寝ると、存在感のある大きな手術ライトがまぶしい。

一応、点滴、バイタル測定の機器が取り付けられていく。

今日は、看護士さんはお二人。「チェロ弾かれるんですね〜。楽器ができるの羨ましいです」とおだててくれる。ぜんぜん、大したことないんですけど。

手術台の脇に、手術する側の腕を置く台を設置。ちょっと長さが足りないらしい。「もうちょっと長い板ないかなぁ」「それだけです」とやり取りが続く。

そのうち、短めの板が出てきて、継ぎ足してOK。「今度から、これでセットしてね」「はい、わかりました」

「日帰り手術セット、足りないよね。何が足りない?」「〇〇です」

答は、その前の会話で投げられている。いいコーチングだ。短い会話の後に、必ず笑いがある。命を預かる現場、チームワークの良さを大切にしているようだ。

緊張しがちな患者の気持ちも、リラックスさせてくれる。

手術自体は、20分くらいだったと思う。局所麻酔だが、その麻酔の注射が痛い。麻酔の注射の前に、軽い麻酔の注射をする場合もあるらしいが、まあ、我慢できる範囲。

今回は、術後かなり痛みがあったので、帰宅してすぐに鎮痛剤を飲む。1時間くらいしたら楽になってきた。

さあ、問題はこれから。第1関節がどこまで曲がるか。それより、何より、骨はついたのか?

抜糸は、1週間後の予定。レントゲンも撮る。化骨はレントゲンに写りにくいから、ハッキリしないかも知れないが、もちろん、期待はある。

最初にお世話になった、整形外科のお医者さんが言っていた。

「治ってよ〜」

誠に、その通り。自分で治ってくれるしかない。手術はそのサポートのため。化骨が出来ていても、骨になるには、まだ、半年〜1年かかると思う。

とりあえずは、歩を進めて、リハビリに専念しよう。

 

f:id:p-in:20200627123458j:image

明日は、小指の抜針手術

今日で手術から4か月。レントゲンでは、ハッキリと写らないものの、一応「化骨」は出来つつある(はず)とのことで、明日、抜針手術となりました。

f:id:p-in:20200625130004j:plain

これ以上放置すると、第1関節が曲がらなくなるとのことで、あれこれ考える余地もなく、抜針です。というか、もう曲がらないかも知れない、とのこと。

 

チェロの先生に、「第1関節、曲がらなくても大丈夫でしょうか?」と恐る恐る聞いてみると、「そうですね〜。あまり影響ないと思います」と、(いつもながら)ポジティブなご意見。いつも、お気遣いありがとうございます。

商売道具の、キーボード操作の方は、薬指に小指の担当エリアをカバーさせて、何とかなっていますね。特に不自由はありませんよ。

 

それにしても、事故から半年間使っていない指先は、つるつるの赤ちゃん肌に。これは、弦を押さえられるようになるまでに、だいぶ苦労しそうです。

f:id:p-in:20200625132850j:plain

小指の爪も、おそらく指先に圧がかからないので、浮いてぐらぐらしています。

誠に「注意一秒ケガ一生」ですね。

不思議と後悔がないのは、登山と似ているかも知れませんが、バイクに乗られる諸氏は、どうぞご自愛のほどを。

 

小指骨折のその後(術後45日)

3週間ぶりに日赤へ。

手術の傷はなんとか閉じたけど、何となく色が悪い。血流が弱いのか、内出血ぎみなのか。まあ、膿んではいないようなので、いいのかな。それと、ちょっと外側に曲がったかも知れない。

f:id:p-in:20200413131452j:plain

金属を入れているので、第1関節は固定されていますが、第2関節は、がんばって曲げるようにしているので、今のところ、そこそこ曲がってくれます。

さて、気になるのは、骨が出来てきているかどうか。運命の分かれ道。

 

こういう場合、まず、化骨(かこつ)というのが出来てきて、骨折部分を埋めていくらしいのですが、それがみられるかどうか、です。

で、レントゲンの結果ですが、(心の目で見れば)すこ〜し骨と骨の間が埋まってきているところもありそうでした。多分に、希望的観測ですが・・・。

じゃん。

f:id:p-in:20200413143655j:plain

次は、ヨコから。

f:id:p-in:20200413143828j:plain

ヨコからみると、まだまだ離れていますね〜。

でも、手術前に比べると、だいぶ折れた骨を接近させて固定してもらっているので、この状態で、だんだん、化骨が隙間をうめてくれると、いいのですが。

一か所でもつながると、そこを起点にして、骨ができていくのだとか。

術後の傷も、なんとか治ったんですから、まだ治す力はあるんだと信じて、待ちたいと思います。

少なくとも、半年はかかりそうな感じですね。遅々としているので。

 

痛みは、術後の傷がずきずきするのと、やはり金属を埋め込んでいるので、時々ズキーンときますね。そういうときは、手を心臓より上にあげて、血圧を下げると持ちこたえられます。

次は、連休明けの診察。その頃は、コロナはどうなっているのでしょう。そちらの方も気になります。ニューヨークは、ピークアウトした様子ですが、日本はこれからですからね。

皆さんも、どうかご自愛ください。

 

 

 

小指骨折の手術

年末に骨折した左手小指の予後が悪く、結局手術することに。

たかが小指ですが、五十の手習いで始めたチェロもヨットも、ついでにバイクもですが、小指が折れていると、これがなかなかむずかしい。

で、手術は京都の日赤病院で、日帰り手術。離れていっている骨をつなぎ止めるように細い金属の棒を2本埋め込みました。

写真はまだ手術前のレントゲンです。

f:id:p-in:20200206175249j:plain

今日で、術後ちょうど1ヶ月になりますが、ようやく術後の傷が治ってきたところです。さあ、これで、骨がついてくれるかどうか、それが問題ですね。

だいたい、3ヶ月は様子をみるとか。

金属を埋め込んでいるためか、術後の傷がシクシク、キリキリと痛みます。

特に力を入れているということはないですが、起きている間はずっとキーボードをたたいているので、まあ、負担にはなっているでしょうね。

次のレントゲンは、4月10日の予定。まだ、変化はないでしょう。金属の棒がズレていないか、それが少々心配ではあります。

骨はポキッと折れていると付きにくいそうです。そう言われてもね〜。